1月 17

青木宣親のバッティング理論

この番組の動画を以前にも紹介しましたが、やはりこの理論が一番理にかなっていると思います。
これは、古田敦也や桑田真澄も同じようなことを言っています。
バットをボールの軌道に対してフラット(平行)に出す、テニスのラケットのイメージというのが一番よくわかります。

 

少年野球などで同じようなことをやろうとすると腕力がないのでヘッド(バットの先)が下がることもあるので特に低学年だと難しいかもしれませんね。
ただ、昔からのよく聞くダウンスイングは、大げさに言うと時代遅れの考えかもしれません。

 

 

*****************************************************************************

応援をお願いします。

スポンサーリンク

にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

Your email address will not be published.