«

»

6月 19

今日にところは、レッドビーのマクロ撮影ということで

あらためてTAMRON SP 90mm 1:2.5 (52BB)のよさを再確認するうえでレッドビーの写真を撮って見ました。

CANON EOS40D + TAMRON SP 90mm 1:2.5(52BB)

CANON EOS40D + TAMRON SP 90mm 1:2.5(52BB)

Tv(シャッター速度)    1/125
Av(絞り数値)    2.5
ISO感度    640

やはり水槽撮影は、室内ということもあり非常に暗くなってしまいましたが、ISO感度を上げることでなんとか明るい感じに仕上がりました。

(明るさ調整はしております)

ちなみに60cm水槽の写真でしたが、照明については、20w3本つけてます。これでもISO感度を上げないと対応できません。

上手に水槽写真を撮れる様にいろいろと勉強したいと思います。

同じくタムロンSP AF90mm F/2.5(52BB)

同じくタムロンSP AF90mm F/2.5(52BB)

Tv(シャッター速度)    1/125
Av(絞り数値)    2.5
ISO感度    640
ストロボ    発光

フラッシュを発光したショットです。

フラッシュをたくとあまり良い絵が撮れない感じなんですが試しに写して見ました。

やはりフラッシュなしが自分には良い感じです。

それにしてもこのタムロンSP AF90mm F/2.5(52BB)は、銘玉といわれるシリーズだけのことは、あるようです。

(追記 7/11 実際の銘玉といわれたのは、初代SP90mm(52B)らしいです。発売時期:1979なのでいまじゃあ中古店、オークションでもなかなか手に入らない代物だそうです)

しかし、本当の意味で発揮できるのは、屋外での草花や昆虫などの小さな世界なのかなと思いました。

この52BBは、専用の等倍接写リングがないと等倍撮影できないらしいです。専用なんでなかなか出回らないらしいですが

またまた欲しくなってきました。

応援お願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村