«

»

7月 07

EOS40D退院です。そしてタムロンB005

さきほどEOS40Dを引き取りに行ってきました。

こんな感じででビニール袋に包まった状態です。

センサークリーニングだけなのに流石は、CANONです。

また、引渡し時に付属品のチェックもしており、純正じゃないバッテリーも掌握されてました(汗)

色々とセンサークリーニングのほかもチェック等していただきましたが、ショット数は、27111回とのこと。

自分で調べた結果EOSinfoのフリーソフトで調べたところ27776回なので差は、約660回の差でした。

自分自身では、誤差の範囲内かなと思ってます。

実際中古で購入したときの出品者の話でも26000超えたあたりとのことだったので問題ないかなと思います。

ひとつ気がかりなのは、処置内容の④「レンズの通信エラーが見られますので点検をおすすめします」という項目

今まで使用していて通信エラーは、1回も見たことが無かったのですが、支払い時に聞いたら「ちょっとわかりませんが本体側にエラーが出ていると思われます。」とのこと。

ただ、シグマの古いレンズ(一応AFだけどデジタルEOS非対応)をつけて撮影したときに通信エラーが頻発していたのは、あったのですが・・・・。これは、非対応で絞り値を開放以外で撮影するとエラーがでるとわかっていたので問題ないかと思います。

もしかしたらそのときのログみたいなものが本体に保存されているのでしょうか?

通常EF50mmF1.8のレンズをつけて入院したわけですがこのレンズで一度もエラーが出たことは、無いので整備した方に聞いて見たいです。

今度センサークリーニング時にこの通信エラーもお願いしようかと思います。

ファインダー内およびセンサーともにほぼ綺麗になったようです。

目に見えるごみは、皆無のようでした。プロに任せると安心ですね。技術を持っている方や完璧を求める方は自分でセンサー清掃等されたほうがいいのかもしれませんが私のような素人は、1050円でセンサークリーニング以外も色々とお願いできるので助かります。

———————————————————————————————————————————————–

EOS40D + TAMRON  B005E

EOS40D + TAMRON B005

やっとTAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II VC LD ASPHERICAL IF B005を取り付けてみました。

EOS2桁Dには、ちょうど良い感じです。

やはり大口径レンズなのでずっしりと重みがありますがこれくらいの重みがあったほうがなじみます。

長時間の撮影には、きついかもしれませんが・・・・・。また、VCの効きを初めて体感しました。レンズの中でシャッターを切った後にモーター音?のあとにカタっと音がする感じです。VCが利いているのが良くわかります。

また、よくあるF2.8開放だとピントが甘いとかあるらしいですが見た感じは、あまりわかりませんでした。

後日ピントチェックシートにて確認&レポートしたいと思います。

Tv(シャッター速度)1/60 Av(絞り数値)3.5 ISO感度400 焦点距離50.0mm ストロボ発光

Tv(シャッター速度)1/60 Av(絞り数値)3.5 ISO感度400 焦点距離50.0mm ストロボ発光

とりあえずの一枚ですがストロボを発光してしまいかっこ悪い写真ですいません。他にピントのあった写真が無かったのでこれで勘弁してください。

Tv(シャッター速度)1/400 Av(絞り数値)2.8 ISO感度100 焦点距離50.0mm ストロボ	非発光

撮影モード    絞り優先AE
Tv(シャッター速度)    1/400
Av(絞り数値)    2.8
測光方式    スポット測光
焦点距離    50.0mm

マクロ的な写真もいけますね。これを見る限りピントもあっているようです。

この花は、自宅で栽培しているクレソンの花です。結構小さな花ですがきちんと撮れています。

まあ実際は、こういうのは、マクロレンズに任せるのがいいのでしょう。

これからは、風景や子供のスナップに力を入れて撮影したいと思います。

ここまで見てくれた方は、応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村