Category Archive: Watch

7月 05

セイコー56系ロードマチック(LM) 日付送り修理

普段の仕事では、使いませんが外に遊びに行くときなど愛用しているセイコーのロードマチックです。

IMG_3219

過去の記事機械式腕時計 セイコーロードマチック(LM5606)を見ると2013年3月となっていたので2年が経過している代物です。

結構気に入っている時計でガラス風防が9面カットになっておしゃれな感じです。

ガラスなので傷もつきにくく(購入時から少しかけているところがありますが・・・)使いやすいものです。

しかし、いつの頃からかこのロードマチックの有名な故障箇所である日送り機構が壊れてしまい。日付送りと曜日送りが出来ない状態でしたので時刻を早送りして日付送りさせるという方法で日付と曜日をあわせていました。ちなみに時刻を進めて日付を変えると曜日も連動で日付送りされそこで時刻を戻すと日付は、戻りますが曜日は、戻らなかったのでそのズレを利用して日付と曜日をあわせて使ってました。

先日、父が数十年来の付き合いのある近所の小さな時計屋さんに行くというので

「ロードマチックの日付送り修理できるかちょっと聞いてみて」 と父に話して頼んできました。

(高額な場合は、修理しなくて良い旨も話しておきました。)

そのことすっかり忘れて2~3週間たったときに修理からあがってきたロードマチック(LM)とご対面しました。

やはり昔から修理をやっている専門だけあってすぐに故障箇所もわかったようです。

腕の立つ職人ということで時計屋の主人は、この部品をストックしてあったそうです。

また、この日付送りの揺動レバーを金属製に変更してくれたそうです。

 

実際に交換した部品も付属しておりました。

揺動レバー

普通の写真をトリミングしたので荒い画像ですいません(^^;

爪楊枝と比較しております。

この手裏剣のようになっている部分が磨耗や欠けで日付送りが出来なくなるそうです。

爪楊枝で操作してみると一応動くようですが磨耗等で送りができなくなるものもあるようです。

 

交換料(部品代含む)として2000円でした。非常に良心的な時計屋さんで腕も良いので安心して任せることが出来ますね。

 

ちなみにこのタイプのロードマチックですが・・・・

IMG_3215

そのほかに3つほどあります(^^; オールドレンズ同様に増殖しております(笑)

左から
セイコーロードマチック(23石) 1969年7月製造 5606-7000 プラスチック風防→新品のプラスチック風防(純正)に自分で交換済み
日付送り、曜日送り等できるが腕にはめていると日付が少しずれたりするようです。

ロードマチック

セイコーロードマチック スペシャル(23石) 1972年5月製造 5206-6120

日付送り等問題なし

IMG_3217

セイコーロードマチック(23石) 1969年10月製造 5606-7000 文字盤(デイデイトモデル)→新品文字盤(日付のみ)に自分で交換済み

日付送りは、問題なし(曜日は、見えないのでわからないです。)
こちらは、日付、曜日の機構のあるものでしたが、文字盤の新品がヤフオクで見つかったのでこちらに変更しました。
そのため曜日機構は、裏で動いていると思いますが見えない仕様に変更してしまいました。

IMG_3218

一番左のセイコーロードマチックは、風防を新品に交換したら非常に見栄えがよくなりとてもかっこいいです。

また黒の文字盤なので落ち着いた感じの雰囲気でスーツに合う時計です。

個人的には、真ん中のスペシャルもお気に入りですが風防やケース自体に細かい傷がるのでいつの日かきれいにしたいと思います。

スペシャルの特徴は、0時ジャストに日付、曜日が切り替わるもの。(通常のロードマチックは、じわじわと切り替わり大体23時~1時過ぎに完全に日付等が変わります。)

日付の変わるところは、一瞬なので気持ちがいいですよ。(しかし、その時間まで起きていることは、少ないですが・・・(^^;)

スペシャルは、ガラス風防、そのほかのロードマチックは、プラスティック風防です。

しかし、こんなに時計持っていてどうすんだ!!なんて言われそうですが、程度が良くても5~6千円で購入できるのでこの時期にたくさん購入してしまいました。

修理をしていただける時計屋さんが近くにあるので次は、キングセイコー(KS)あたりのジャンク系を探してみようかと考えております(笑)

*****************************************************************************

応援をお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

古い記事へ «